自動車の運転を行う際には、視力などをはじめとする身体的能力が重要になります。中でも動体視力は欠かせない能力なのです。この能力は、動くものを見る時に使う視力です。様々な要素に注意を払う必要がある運転の際には、とても重要な能力です。通常では、止まっているものを見るよりも動くものを見るときのほうが視力は低下します。極端な話をすると、静止視力は1.5あるにもかかわらず、動体の視力は0.5しかないという事態も起こりうるのです。また、この視力は自動車のスピードが上がることによって更に低下していきます。スピードが上がるごとに視力が低下し、事故を起こす危険性が高くなるのです。身体のコンディションによっても変化するので、体調には万全を期すことが重要です。また、目に疲れを感じたり、異常を感じた場合にはすぐさま運転を中止し、休憩を挟むことが重要です。視力を補うためには、眼鏡の着用も1つの手です。自分に合った眼鏡を着用し、遠近どちらも見える眼鏡をかけることが重要です。また、スピードを控えることも対策の1つです。見落としや判断の遅れを防ぐために、あらかじめスピードを落とすことでも対応することができます。自動車で走行をする際には、視力にも気をつけることが必要です。???? Vol.107 ?????????????