自動車の運転を行う際に注意しておきたいことは、「疲労」に関することです。ドライバーが疲れた状態で運転を行ってしまうと、集中力の低下、居眠りなどによって重大な事故を引き起こしてしまう場合もあります。特に、居眠り運転をしてしまった場合には車のコントロールができなくなってしまい、とても危険です。このような疲れの指針となるものが、「目」の疲れです。目が疲れてきたと感じた時は、全身の疲れも感じやすくなっている時です。運転をする際には、自分自身の体調面に気をつけることが必要となってきます。また、目が疲れている際には、視界の確保がしにくくなる事もいえます。視界が狭くなると、車や歩行者などに対する注意が不足してしまい、こちらも事故の原因につながりやすくなってしまいます。そして、このような状況に集中力の低下や居眠り運転が加わると、更に大変な状況になってしまうでしょう。疲れが原因による事故を避けるためには、適度な休憩を取ることが必要です。疲れてきたと感じたら、車を止めて休憩を取ると良いでしょう。特に、高速道路などの長距離運転の際にはパーキングエリアを上手に活用して、万全の体調でドライブをすることが大切です。