私達の生活を非常に便利にしてくれる自動車ですが、運転を行う際には十分な注意が必要です。特に、高齢者が自動車を走行させる際には一層の注意が必要です。以前は歩行者として事故の被害者になることが多かった年配の方ですが、最近はドライバーとして加害者になってしまうことが増加しています。この原因としては、年を重ねるによって身体的機能が低下していることがあげられ、また、その身体的機能の低下にドライバーが気づいていないことが更なる原因となっています。身体的機能が低下すると、判断能力が低下してしまったり、視界が狭くなってしまうなどの悪影響を及ぼします。このような能力が低下すると、視界が狭くなることによって安全確認が不十分になってしまう場合や、とっさの判断を行う際に時間がかかってしまうなどの事態が発生します。そうすることによって、事故が発生し、加害者となってしまうのです。年配の方の事故の特徴は、交差点などの出会い頭での衝突、信号・標識の見落とし、ハンドル・ブレーキ操作を間違える、などがあります。身体的機能が低下することが原因で、このような事故を起こしてしまうのです。年配の方が運転する際には、より一層の注意が必要なのです。