道路02過労運転とは、過労・病気・薬物などの影響で、正常な運転ができないおそれがある状態のことを言います。トラックなどの運転手に多く見られる傾向で、大変危険な状態です。過労が起こりやすい例としては、長時間の運転があげられます。長距離移動の際に適切な休憩をとらなかったことが原因であったり、睡眠不足が影響している場合が該当します。過労や疲労状態で車の運転を行うと、様々な面に影響を及ぼします。例えば、「集中力の低下」です。集中力が低下してしまうことにより、状況を判断する能力が低下してしまいます。その結果、前方・後方不注意における衝突や事故などの原因を引き起こしてしまうのです。また、「睡眠不足」も事故の原因の1つです。集中力の低下に加え、運転中の居眠りが原因の事故が発生しやすくなります。運転中に眠ってしまうことによって自動車をコントロールできなくなってしまい、重大な事故へと発展してしまう可能性があります。このような事故を避けるためには、適度な休憩が必要です。特に、旅行などで高速道路を使用する際には、パーキングエリアに立ち寄ることなどによって、適度な休憩をはさむようにしましょう。過労は事故につながるので、注意が必要です。