» 未分類のブログ記事

 

私達の生活を非常に便利にしてくれる自動車ですが、運転を行う際には十分な注意が必要です。特に、高齢者が自動車を走行させる際には一層の注意が必要です。以前は歩行者として事故の被害者になることが多かった年配の方ですが、最近はドライバーとして加害者になってしまうことが増加しています。この原因としては、年を重ねるによって身体的機能が低下していることがあげられ、また、その身体的機能の低下にドライバーが気づいていないことが更なる原因となっています。身体的機能が低下すると、判断能力が低下してしまったり、視界が狭くなってしまうなどの悪影響を及ぼします。このような能力が低下すると、視界が狭くなることによって安全確認が不十分になってしまう場合や、とっさの判断を行う際に時間がかかってしまうなどの事態が発生します。そうすることによって、事故が発生し、加害者となってしまうのです。年配の方の事故の特徴は、交差点などの出会い頭での衝突、信号・標識の見落とし、ハンドル・ブレーキ操作を間違える、などがあります。身体的機能が低下することが原因で、このような事故を起こしてしまうのです。年配の方が運転する際には、より一層の注意が必要なのです。

 

道路02過労運転とは、過労・病気・薬物などの影響で、正常な運転ができないおそれがある状態のことを言います。トラックなどの運転手に多く見られる傾向で、大変危険な状態です。過労が起こりやすい例としては、長時間の運転があげられます。長距離移動の際に適切な休憩をとらなかったことが原因であったり、睡眠不足が影響している場合が該当します。過労や疲労状態で車の運転を行うと、様々な面に影響を及ぼします。例えば、「集中力の低下」です。集中力が低下してしまうことにより、状況を判断する能力が低下してしまいます。その結果、前方・後方不注意における衝突や事故などの原因を引き起こしてしまうのです。また、「睡眠不足」も事故の原因の1つです。集中力の低下に加え、運転中の居眠りが原因の事故が発生しやすくなります。運転中に眠ってしまうことによって自動車をコントロールできなくなってしまい、重大な事故へと発展してしまう可能性があります。このような事故を避けるためには、適度な休憩が必要です。特に、旅行などで高速道路を使用する際には、パーキングエリアに立ち寄ることなどによって、適度な休憩をはさむようにしましょう。過労は事故につながるので、注意が必要です。

自動車の運転を行う際に注意しておきたいことは、「疲労」に関することです。ドライバーが疲れた状態で運転を行ってしまうと、集中力の低下、居眠りなどによって重大な事故を引き起こしてしまう場合もあります。特に、居眠り運転をしてしまった場合には車のコントロールができなくなってしまい、とても危険です。このような疲れの指針となるものが、「目」の疲れです。目が疲れてきたと感じた時は、全身の疲れも感じやすくなっている時です。運転をする際には、自分自身の体調面に気をつけることが必要となってきます。また、目が疲れている際には、視界の確保がしにくくなる事もいえます。視界が狭くなると、車や歩行者などに対する注意が不足してしまい、こちらも事故の原因につながりやすくなってしまいます。そして、このような状況に集中力の低下や居眠り運転が加わると、更に大変な状況になってしまうでしょう。疲れが原因による事故を避けるためには、適度な休憩を取ることが必要です。疲れてきたと感じたら、車を止めて休憩を取ると良いでしょう。特に、高速道路などの長距離運転の際にはパーキングエリアを上手に活用して、万全の体調でドライブをすることが大切です。

自動車は、自分はもとより、時には家族や友人、同僚と言った周りの人たちを乗せ、多くの方が快適に過ごすことができるとても便利なものです。しかし、交通ルールやマナーを守って安全に、そして丁寧な運転を心がけなければ、事故につながり、最悪命を落としてしまうこともある大変恐ろしいものです。
昔から「やってはいけない」と決められているにも関わらず、未だに後を絶たないのが飲酒運転です。お酒を飲んだ状態と言うのは、個人差はあれど通常とは異なる状態で、いつものような的確な判断、ハンドル操作が行えるとは限りません。自動車事故と言うのは、一瞬の判断ミス、操作ミスが命取りになるものですから、こういった状態で運転をすると言うことは大変危険であり、法律で決まっていないとしても取るべき行動ではありません。
よく「ちょっとの距離だったから」「急いでいたから」など、もっともらしい理由を口にする人がいますが、それで誰かを傷つけてしまった場合、その一言で済むとでも思っているのでしょうか。済むわけがありません。
誰も傷つかないとしても、公共物を破壊してしまったり、自分自身や自分の車を傷つけてしまうことだってあります。自分が事故を起こさないとは誰も言い切れません。常に自分自身の身近な問題だと捉えて行動するべきです。

???? Vol.83 ?????????

自動車を安全に運転するには、3つの要素が重要です。

例えば片側2車線の道路の左車線を走っているとします。前方に停止車両があるのを発見しました。これが認知です。

すると、「このまま直進しては停止車両があるので先に進めない。右車線に移る必要がある」と考えます。これが判断です。

そして、安全を確認した上で、ウィンカーを出し、右車線に向けてハンドルを切ります。これが操作です。

このように、安全運転をするにはこれらの要素をしっかりと行う必要があります。そのためには、漫然と運転をせず、常に感覚を高いレベルに保つ事が重要です。

さきほどの例でも、前方の停止車両に気づかなければ、衝突事故をする危険性もあったわけですから。そのためには、まずは初心者ドライバーだった頃と同じ気持ちで、集中して運転することが必要です。

また、運転では視覚と聴覚が特に大切ですから、フロントガラスはきれいにして、ダッシュボードに置いたものが写り込まないようにする、ぬいぐるみなどは置かないということをおすすめします。

車の中で音楽を聴くのは楽しいものですが、異音などに気づくためには音楽を聴かないか、小さめの音にするのがよいです。

安全運転のためには、心構えが大切なのです。

 

自動車の運転を行う際には、視力などをはじめとする身体的能力が重要になります。中でも動体視力は欠かせない能力なのです。この能力は、動くものを見る時に使う視力です。様々な要素に注意を払う必要がある運転の際には、とても重要な能力です。通常では、止まっているものを見るよりも動くものを見るときのほうが視力は低下します。極端な話をすると、静止視力は1.5あるにもかかわらず、動体の視力は0.5しかないという事態も起こりうるのです。また、この視力は自動車のスピードが上がることによって更に低下していきます。スピードが上がるごとに視力が低下し、事故を起こす危険性が高くなるのです。身体のコンディションによっても変化するので、体調には万全を期すことが重要です。また、目に疲れを感じたり、異常を感じた場合にはすぐさま運転を中止し、休憩を挟むことが重要です。視力を補うためには、眼鏡の着用も1つの手です。自分に合った眼鏡を着用し、遠近どちらも見える眼鏡をかけることが重要です。また、スピードを控えることも対策の1つです。見落としや判断の遅れを防ぐために、あらかじめスピードを落とすことでも対応することができます。自動車で走行をする際には、視力にも気をつけることが必要です。???? Vol.107 ?????????????

車06明るいところから暗いところに急に移動すると、最初は暗くて何も見えませんが、徐々に目が慣れてきて周囲の風景がはっきりと見えるようになります。これを専門用語で「暗順応」といいます。これとは反対に、暗いところから明るいところに移動すると、最初はまぶしくてよく見えないものの、しだいに周囲が見えるようになるのが「明順応」です。
このようなしくみは、目のなかにある視細胞とよばれる細胞の種類が、周囲の環境にあわせて自動的に切り替わることによるものです。より具体的は、視細胞のなかにあるロドプシンとよばれる物質が、明るいところでは分解され、暗いところでは逆に合成されるということによって起こる現象です。その際、ロドプシンの分解は数十秒程度という短い時間で終わりますが、合成のほうは数十分程度の長い時間がかかることがわかっています。
このようなことから、明るい昼間に車を運転している最中に、突然暗いトンネル内に入るような場合には、目が慣れずに路上の障害物の発見が遅れ、交通事故を引き起こすというおそれもあり得ますので、特に注意が必要とされています。
もっとも、トンネル内の照明は色やまぶしさが通常の道路照明とは大きく異なっていることが多いですが、これはトンネル内外の明るさの差を緩和する目的で設計されているもので、事故防止のための配慮といえます。

 

運転の際には似た言葉の1つが、反応時間と反射時間です。これらは似ているようですが、全く違うものです。どちらもブレーキを掛ける際の時間の事を表していますが、反応の場合は、反射・踏み変え・踏み込み時間を足したものの事を指します。反射とは、ドライバーが危険を感じ、ブレーキを掛ける必要がある状況だと判断を行って、足が動き出すまでの時間の事をさします。このような反射は人によって異なるので、自分の動きの早さを知っておく必要があります。踏み込み時間とは、ブレーキを踏んでから実際にブレーキがききはじめる時間の事を指します。また、自動車はブレーキをかけてもすぐに止まるわけではありません。速度が20キロメートルで走行している場合には1秒間に6メートル、30キロメートルの場合では8メートル、40キロメートルの場合では11メートルといったように、自動車は進んでいます。ですから、ブレーキを掛ける時間が遅れるごとに、これだけの距離を進んでしまうのです。自動車を運転している時の判断は、とても重要な要素です。人は、目や耳で得た情報を元に、どのような操作をするか判断します。なので、危険を確認してから動作を行うまでに時間が表れるので、注意が必要です。

 

 

自動車を運転は基本的に3段階の流れから成り立っています。
まず周囲をしっかり見て、このまま進んでいいのか停まるのかといったことを判断して、それに伴い適切な操作をします。
多くのドライバーがあまり意識せずにやっていることですが、周囲を見てからどのような操作をするのかといった流れは交通事故を起こさないためには重要なことです。
このようなことから運転において周囲を見る機能と素早く次の操作を判断する機能は大切なことですが、こうした機能は加齢とともに衰えていくものです。
高齢になると昔は出来ていたことが次第に困難になっていくものですが、自動車の操作も同様です。ただ本人は昔通りに操作が出来ていると思っていることも多く、それが交通事故を招く結果となっています。
例えば、高齢者が起こしがちな事故には道路の逆走がありますが、これは見ているにもかかわらず自分が対向車線に入っていることに気づいていないことから起こっています。
若い頃にはこのようなミスはそう起こりませんが、高齢になると見て判断をするという認知機能が衰えてしまうため、このようなミスを起こしてしまうのです。
ですので、年を重ねるごとに自動車を運転する能力が衰えていることを自覚して車に乗るようにすることが安全のためには必要なのです。